フォローする

バックアップスクリプトの違い

情報

Personal Backupではバックアップ方法が用途によって3種類の方法があります。
それぞれカスタマイズで細かく設定することが可能です。

 

【バックアップ】
特定のファイルやフォルダ、またはボリュームやハードディスク全体の内容を、別の記憶装置やフォルダにコピーし保存目的の場合はこのプロセスを使用します。

バックアップするフォルダと保存先が決まっている一方通行の方法です。

例えば、MacBook の必要なファイルをバックアップファイルを外付けハードディスクに作成して自宅に保管しておけば、MacBook が万一盗難や、ハードディスクが壊れたりデータ開くことができなくなったとしても、ファイルのコピーはハードディスクのから復元できます。


他社のデータバックアップソフトウェアでは、差分バックアップを「同期」と呼ぶことがありますが、Personal Backup では、基本的に「バックアップ」が可能な限り常に差分バックアップとなっています。差分バックアップが必要な場合は、「同期」ではなく「バックアップ」を 指定してください。

 

【同期】
2 台のコンピュータ間(Mac のデスクトップと MacBook や MacBook Pro など)でデータを共有してしている使用している場合など適した方法です。

例えばデスクトップ型の Mac とノートブック型の Mac の両方で同期しているファイルがあり、デスクトップ型の方でそのファイルを更新しても、同期によって両方の Mac の該当フォルダは最新の状態に保たれます。

デスクトップ型のMacのファイルAを変更し、さらにノートブック型のMacでファイルBを変更したとすると、 これら2台の Mac を同期することで、ファイルAがノートブック型のMacにコピーされ、ファイルBがデスクトップ型のMacにコピーされます。結果として、ソースと同期先の2箇所は常にまったく同じ内容になるよう維持されます。

注:

同期では、基本的にソースあるいはコピー先のどちらかでファイルが削除されると、他方でも削除が行われます。思わず必要なファイルが削除されてしまうなど起こりますのでご注意してください。

 

【起動ディスクバックアップ】
Mac OS X がインストールされたボリュームを別のハードディスクにコピーし、そのハードディスクを起動ディスクとして使用できるようにします。


起動ディスクバック アップのプロセスでは、現在利用中のシステムの完全な複製が作成されます。つまり、コピー先は利用中のシステムソースとまったく同じように機能するクローンが作成されます。


クローンからソースに対して逆方向に起動ディスクバックアップ「復元」を行うことで Mac OS X や利用していたアプリケーションの再インストールをすることなく、すべて以前の状態に戻すことができます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk