フォローする

Mac で ISO ディスクイメージを作成する方法

OS X に内蔵されている「ディスクユーティリティ」 でインストールディスクから ISO ディスクイメージを作成することができます。ISO ディスクイメージから 仮想環境へ OS をインストールすることも可能です。

  【ディスクイメージ作成方法】

「ディスクユーティリティ」を使用してディスクイメージを作成します。

1.[アプリケーション] > [ユーティリティ] > ディスクユーティリティ  を起動します。

※画面は OS X 10.11 El Capitan です。

 

2.インストールディスクを ドライブに に読み込ませ左の枠内に表示されたドライブ名を選択

3.ディスクユーティリティのメニュー [ファイル] > [新規イメージ]より「"ドライブ名"からイメージ作成」を選択します

4.イメージの種類

次のように設定します。

名前 : Finder に表示される名前になります(変更可能)

場所:ディスクイメージの保存場所

フォーマット:DVD/CD マスター

暗号化 :なし

5.[保存]をクリックするとディスクイメージの作成が開始されます。

6.作成された ディスクイメージはの拡張子を「.cdr」から「.iso」に変更

ダイヤログが表示されますので[isoを使用]を選択

 

【ディスクイメージをディスクに焼く方法】

ディスクの作成は Finder から行えます。

1.Finder 上にある  ディスクイメージを 右クリック(またはcontrolを押しながらクリック)し「ディスクイメージ "ディスクイメージの名前"をディスクに書き込む」を選択

2.空のディスクを挿入し「ディスクを作成」をクリック

ディスクの作成が開始され、完了後に自動的に Mac から排出されます

 

☆その他の情報

・イメージ作成時のフォーマット

読み出し専用:ディスクイメージに書き込むことはできず、作成したり開いたりするときの速度が向上します。

圧縮:データが圧縮され、ディスクイメージは元のデータより小さくなります。ディスクイメージは読み出し専用です。

読み出し/書き込み:ディスクイメージを作成した後に、ファイルを追加できます。

DVD/CD マスター:他社製アプリケーションで使用できます。これには、使用されないセクタも含み、ディスクイメージのすべてのセクタのコピーが取り込まれます。マスターのディスクイメージを使用してほかの DVD または CD を作成すると、すべてのデータがその通りにコピーされます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk