フォローする

Parallels Desktop 表示方法の違い

情報

ここでは 仮想マシン の起動時の4種類の表示方法について説明しています。

表示方法の切り替えは上部メニューの[表示]から変更可能です。

ウィンドウモード からそれぞれの表示方法を開始する事が可能。

(再度、変更する際は一度ウィンドウモードへ戻してから変更する必要あり)

 

 

 

 

 

1.Coherence(コヒーレンス)

Windows ディスクトップは表示されず Mac アプリケーションのように、アプリケーションの画面だけが表示されます。Windows アプリケーションをDockに登録する事も可能なのでWindows を使用している事を意識せず、Mac だけを使用している様に利用できます。

 

Windows のスタート画面は右上のアイコン  からを表示させる事が出来ます。

 

 

 

2.フルスクリーン

ディスクトップいっぱいに画面が広がるのでWindowsの画面しか表示されない。

Windows だけを使用する場合に向いている表示方法。

 

他のMac用アプリケーションと同様、フルスクリーン時には、画面の一番上までマウスカーソルを持っていくとメニューがおりてきます。

 

 

3.Modality(モダリティ)

常に最前列表示されている為、オークションページを表示させて締め切りまでチェック、動画をみながら、画像を表示させて比較しながら等 Mac での作業中に常に表示させておく事が可能です。

 

 4.ウィンドウモード

Mac 上に Windows ディスクトップの画面が表示されます。

Windows ディスクトップ画面内で Windows アプリケーションが表示されます。

Mac - Windows 間で頻繁に切り替えて使用する場合は便利です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk