フォローする

ハードウェア・アクセラレーション BluFast MX とは?

情報

これまでソフトウェアだけで実行していたプロセスを、ハードウェアに任せることによって CPU に負荷をかけることなく、高速で快適に再生することができる機能です。
Mac 対応のブルーレイ再生プレーヤーでは、初めてのハードウェア・アクセラレーションを搭載しました。ブルーレイをはじめ DVD やそのほかの動画フォーマットの再生でパフォーマンスが大幅に向上しました。

設定

Mac Blu-ray Player のタスクバーにある「環境設定 > ビデオ」から「ハードウェアアクセラレーションを有効にする」ことで設定できます。

ハードウェア・アクセラレーションで CPU 負荷が大幅に軽減

Blu-ray を再生した際の CPU 負荷の計測結果

CPU負担と電力量の計算


左はアプリを起動し再生していない時の CPU とメモリの使用状況で、ともに CPU の使用率は 1% 未満です。メモリの使用率も通常レベルです。
次にブルーレイを再生した際を見てみましょう。BluFast MX を起動しない場合には、 CPU の使用率は一気に 100% 近くに上昇しメモリの使用率も通常の2倍に跳ね上がりました。

BluFast MX を起動した場合をみてください。CPU の使用率はわずか約 25% です。
起動していない場合より CPU 負荷は約 75% ほど軽減され、メモリの使用率も少なく済んでいます。


利用できるメディアフォーマット

Macgo Blu-ray Playerは、ブルーレイだけでなく、DVD をはじめ、MP4、MKV、FLV、MOV などの形式も再生できます。そのすべてにハードウェア・アクセラレーションが機能を発揮します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk