フォローする

OmniOutliner 4で、OmniOutliner 3で使っていた機能が見当たりません

OmniOutliner 4では実際に多くの方々が利用する機能面からの見直しが行われ、以前はPro版のみの機能の多くをスタンダード版でも利用できるようになりました。

スタンダード版で新たに利用できるようになった機能は以下の通りです:

  • ヘッダとフッタのカスタマイズ
  • テンプレートへの完全対応
  • コンテンツのリスト
  • 名前付きスタイル(スタイルをカスタマイズして登録する機能)
  • 音声録音
  • DHTML書き出し

またスタンダード版をより簡潔にお使いいただけるよう、以前はスタンダード版とPro版で共通して利用できた機能のいくつかをPro版のみに制限しました。

Pro版のみになった機能は以下の通りです:

  • AppleScript
  • ペイン(ウインドウ下の枠)でのメモ表示
  • 行の高度な取り扱い(ハンドルの表示設定や改ページなど)
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk