フォローする

Windows をセーフモードで起動する方法

情報

Parallels Desktop 上の仮想マシンでは下記の操作をおこなうことでセーフブートで起動させることが可能です。

 

方法 1

1.仮想マシンのメニュ 処理 > 構成 を選択します 

または、Parallels コントロールセンタの歯車マークをクリック

 

2.開いた画面より[ハードウェア] > [ブート順序] > 「スタートアップ時のブートデバイス」にチェックを入れます

 

3. Windows の起動時に F8 キーを押してください。

※ iTunes が起動してしまうのであれば「fn」キー と同時に[F8 + fn]

セーフモードを選択できる画面が表示されます

 

4.キーボードの上下のキーで選択して return キーで決定

Safe Mode 

 

方法 2

Windows のシステム構成より セーフブート へチェックを入れて終了しますと以後セーフブートで起動してきます。

 

【システム構成の開き方】

 

※Windows 10 の場合

Windows を起動いただいてから[Web と Windows の検索]欄に "msconfig" と入力いただきますと表示されますのでクリックして起動してください。

 

※Windows 7の場合

スタートの中にあります[プログラムとファイルの検索]欄へ "msconfig"と入力いただき

上部に表示されます msconfig をクリックして起動してください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk