フォローする

Parallels Desktop 11 の新機能

情報

ここでは Parallels Desktop 11 から追加された新機能をまとめています。 

1.コヒーレンス モードへの切り替えボタンをウィンドウに搭載

新しくウィンドウに搭載されたボタンを押すことでコヒーレンス モードへ切り替えることが可能です。

 

2.Parallels Desktop コントロールセンターのコンパクト表示

今まで表示方法[拡張ビュー]と[コンパクト表示]が選択することが可能です。

  

3.デフォルトアプリケーションの設定[ウェブとメール]

 構成 > オプション タブ 

Windows と Mac のどちらで起動するのか、デフォルトアプリケーションの設定可能です。

 

4.Travel Mode の設定[Travel Mode]

構成 >  オプション タブ

新機能 Travel Mode の自動入力、出力の設定が可能です。 

 

5.詳細メニューに機能の追加[詳細オプション]

構成 > オプション

詳細オプションに3つの項目が追加されました。

 

6.バックアップの設定

構成 > バックアップ

TimeMachine への 対応など、バックアップに関する設定可能です。

 

さらに[詳細]よりスナップショットに関する細かい設定が可能です。

 

7.Windows画面内でもでクイックルックで表示

Winodwsでのドキュメント類でも、スペースキー でクイックルック 表示が可能です。

 

8.Mac と Windows サウンド音量を同期

Mac と比べて大きかったり、小さかったりする事がなくなります。

 

9.Mac から Windows 上に表示させたり、Windowsアプリケーションで開く事が可能

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk