フォローする

拠点間接続のある管理と展開配布体制

情報

Parallels Desktop for Mac Business Edition による一括展開フレームワークでは、最小構成におきましてもアプリケーション本体と仮想マシンの仮想ディスクのファイルサイズを転送する必要があります。そのため、一括展開を行うためには、さまざまな要素を検討し計画的な展開を実施する必要があります。

特に、拠点間通信が発生するような複数拠点をまたいだ管理体制の場合、展開タスクを拠点間通信を最小限に抑えローカルネットワーク内で実施するための計画が必要となります。

また、昼間の一般的な業務時間帯での配布作業に関しましては多くの場合、ネットワークの負荷は好ましい状況ではありません。そのため、一括展開の本番作業自体は夜間帯に実施する方針でスケジュールを組んでいただくことになります。

その際、障害発生時の現地のサポート体制なども計画し実施していただくことを推奨いたします。一括展開では個別に検討すべき項目が多くございますのでソリューションに関しましてはご相談ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk