フォローする

ライセンスキーを入力してもアクティベーションが出来ない。

状況 1

 ライセンスキーを正しく入力してもアクティベート出来ずに、

「無効な因数が渡されました。 ...」とのメッセージが表示される。

 

 

原因 

サーバで存在の確認が出来ないライセンスキーの場合など、このようなダイヤログが表示されます。

今一度、ご自身の打ち間違えがないか確認頂いてから再度ご入力を行なってみて下さい。

 

 

 

状況2

以前にインストールに使用した事のある、ライセンスキーを再度利用するため、入力しても

アクティベート出来ない。

 

「お使いのライセンスキーは、アクティベーションの上限に達しました。...」

 

 

原因 

 

すでにライセンス数の2台のMacにインストールが行なわれている為、これ以上はインストール行なう事が出来ません

 

改善方法

Parallels Desktopは1ライセンス1Macのみにインストールが許されておりますので、まだ別のMacでインストールされているのであればアンインストールをお願いします。

通常Parallels Desktopをアンインストールされた際に認証サーバへ連絡されてディアクティベーションが行なわれます。

その後、アクティベーションが行なえる様になります。

 

Macが壊れてしまった時等アンインストール出来ない場合や、アンインストール行なっても何かの理由でアクティベーションがされなかった場合は、ユーザー様ご自身でParallels社へディアクティベーションの申請を行なって頂く必要がございます。

 

 

下記のページをご確認下さい。 

アクティベーションが最大回数を超えたのでアクティベーションできない

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk