フォローする

1 台の Mac 上の複数のユーザアカウントで仮想マシンを共有するには

情報

Mac 上で、複数のアカウントで仮想マシンを共有したい場合、これらすべてのアカウントがアクセスできるディレクトリに仮想マシンを配置する必要があります。最適な選択肢は /Users/Shared/ ディレクトリであり、ここに、仮想マシンのすべてのファイルを保存する専用 Parallels フォルダを作成することができます。

各ユーザに、仮想マシンのファイルに対する読み取り(Read)、書き込み(Write)、および実行(Execute)パーミッションが必要です。

仮想マシンを新規作成する場合:

仮想マシンの作成時に共有設定をするには、以下の手順に従ってください。

仮想マシンの新規作成時に、[名前と場所]ステージで、[この Mac の他のユーザと共有する]チェックボックスをオンにします。
新しい仮想マシンは自動的に /Users/Shared/Parallels ディレクトリに配置され、このコンピュータ上のすべてのユーザに対して、必要なすべてのパーミッションが付与されます。
これらの仮想マシンは異なる Mac アカウントによって順番に使用することができます。 例えば、あるユーザが仮想マシンを一時停止状態にしてログアウトした場合、別のユーザがログインしても同じ状態になっており、作業を継続するためには再開する必要があります。

既存の仮想マシンを共有する場合:

異なる Mac アカウント間で既存の仮想マシンを共有したい場合、以下の手順に従ってください。

  1. 仮想マシンディレクトリを開き、仮想マシンを選択して、リストで仮想マシンの名前を右クリックし、[Finder に表示]を選択します。
  2. Finder の画面が開きます。 仮想マシンのバンドル(Windows 8.1.pvm など)を、仮想マシンを使用するすべてのアカウントがアクセス可能なディレクトリに移動します。 この目的では、将来的にパーミッション不足の問題が発生しないように、/Users/Shared/Parallels フォルダを選択することを推奨します。
  3. 仮想マシンは移動されたため、仮想マシンディレクトリでは使用不可であると表示されます。
  4. 仮想マシン名をもう一度右クリックし、[検索]を選択します。 仮想マシンを新たに配置した場所を指定します。 これで仮想マシンが使用可能になり、通常通りに使用できるようになります。
  5. 各ユーザは共有仮想マシンを登録する必要があります。これには、/Users/Shared/Parallels にナビゲートし、該当する Virtual Machine.pvm ファイルをクリックします。
  6. 仮想マシンが他の場所から移動された場合、仮想マシンに正しいパーミッションを設定する必要があります。仮想マシンを共有するすべてのユーザに書き込みおよび読み取りパーミッションを追加し、仮想マシンに含まれるすべてのアイテムにパーミッションを適用します。この作業は、次の手順で行います。

a) まず、仮想マシンをどのように共有するか(Mac 上の全ユーザアカウントで共有、または特定ユーザのみで共有)を決定します。
b) /Applications/Utilities/ から Terminal アプリケーションを開きます。
c) Terminal で以下のコマンドを実行して、パブリック VM フォルダに進みます。

 cd /Users/Shared/Parallels

d) 全ユーザで仮想マシンを共有したい場合は、以下のコマンドを実行します。

 sudo chmod -R og+rwx vm_folder_name

(「vm_folder_name」は、VM バンドルの実際の名前に置き換えます。 フォルダ名にスペースが含まれる場合は、引用符で囲む必要があります。)

注意:コンソールツールには、パスワード入力シンボルが表示されません。 プロンプトが表示されたらユーザアカウントのパスワードを完全に入力し、Enter キーを押してください。

e) 例えば、自分ともう 1 つのユーザアカウントで仮想マシンを共有したい場合、Terminal で以下のコマンドを実行します。(「sudo」で始まり「VM」で終わる、以下の各コマンド。 Terminal ウィンドウで、1 行に 1 コマンドをコピー&ペーストする必要があります。)

1 番目のコマンド:
sudo chmod -R +a "user1 allow file_inherit,directory_inherit,list,add_file,search,delete,add_subdirectory,delete_child, readattr,writeattr,readextattr,writeextattr,readsecurity" path_to_VM

2 番目のコマンド:
sudo chmod -R +a "user2 allow file_inherit,directory_inherit,list,add_file,search,delete,add_subdirectory,delete_child, readattr,writeattr,readextattr,writeextattr,readsecurity" path_to_VM

(「user1」、「user2」は実際のアカウントに、「path_to_VM」は実際のパスに置き換えてください。)

コマンド実行中に、'Operation not supported' のような実行メッセージが表示された場合、以下のコマンドで ACL サポートをオンにしてください。

 sudo fsaclctl -e -p /Users/Shared/Parallels

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk