フォローする

eDrive の作成方法

情報

eDrive を作成する前の注意点

eDrive を作成するボリュームは、以下の条件を満たすフォーマットになっている必要があります。

  • パーティションマップが その Mac で起動ディスクとして利用可能な GUID、または Apple Pertition Map のいずれかである
  • Mac 用フォーマットの Mac OS 拡張ジャーナリング(HFS+)である
  • OS をアップグレードしている場合、現在ご利用の OS でフォーマットする必要がある
  • eDrive パーティションには作成先のボリュームに最低でも 16GB の空き領域が必要 (バージョン8.0.3より)
  • RAID ボリュームでは eDrive は作成できません。(RAID ソフトウェアによって制御されているため)

 

注:

 ご使用の環境によっては、暗号化等の不可視使用容量があり、16GB 以上であっても容量不足となる可能性がございます。さらに最適なパフォーマンスのため eDrive 作成後に少なくとも10%から15%の空き領域が必要です。

 

eDriveの作成手順

  1. TechTool Pro の [ツール] を選択します。
  2. [ツール] の [eDrive] を選択します。
  3. [eDrive] の [eDrive 作成ボリューム] にeDriveを作成先となるドライブを選択します。
  4. [Mac OS X 元ボリューム] の欄で起動ディスクを選択します。
    ※通常は Macintosh HD を選択します。また、FileVault の使用されたドライブは選択できません。
  5. [eDrive を作成] ボタンを押します。

 

作成時間は、ご利用の環境により数十分〜数時間程度かかります。 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk