フォローする

仮想マシンをチューニングしてパフォーマンスを最適化する方法

情報

ここでは、仮想マシンのパフォーマンスを改善する方法とヒントをご提案します。

 

方法

1. [Parallels Desktop]メニューで[環境設定]>[詳細]を選択します。
詳細なログメッセージが有効になっていることを確認します。
注意:この機能を有効にする必要があるのは、仮想マシンに関連する問題のトラブルシューティング中にサポート担当者が求めた場合のみです。

2.[仮想マシン]メニューで[構成]>[オプション]>[最適化]を選択します。
[パフォーマンス]を[仮想マシンを優先]に設定します。
[アダプティブハイパーバイザを有効にする]チェックボックスと[Windows 高速化のチューニング]チェックボックスをオンにします。

バッテリを使用していない場合、[パフォーマンスを向上する]オプションもオンにします。

3.[仮想マシン]メニューで[構成]>[一般]を選択します。
ここで、仮想マシンに割り当てる CPU とメモリの数を調整できます。ただし、仮想 CPU およびメモリは、PC または Mac に搭載された実 CPU およびメモリとまったく同じように機能する訳ではありません。

 

パフォーマンスを最大限に高めるために、次のヒントをお試しください。

a. 多くの場合は、1 CPU でパフォーマンスが最適になります。
仮想マシンに複数の CPU を割り当てる必要があるのは、科学計算用ソフトウェアやオンライントレード用ソフトウェアなど、多数の数学的演算を実行するソフトウェアを実行する場合です。
仮想マシンで使用するアプリケーションで複数の CPU が必要かどうかわからない場合は、仮想マシンに CPU を 1 つ割り当てて試してください。仮想マシンが遅い場合、CPU を 2 つ以上に増やしてください。

b. 基本的に、メモリは推奨範囲内に保つようにしてください。
仮想マシンに割り当てるメモリを増やしても、高速化するとは限りません。

c. 仮想マシンに割り当てるメモリの最小サイズは、使用するゲスト OS のシステム要件に記されたメモリの推奨最小サイズと同じにする必要があります。

d. 仮想マシンに割り当てるメモリの最大サイズは、OS を通常使用するときに実際に使用するメモリサイズから計算する必要があります。

 

対応製品

Parallels Desktop9,Parallels Desktop10,Parallels Desktop for Mac Business Edition

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk