フォローする

VMware Fusion からの乗り換えについて

情報

VMware Fusion と Parallels Desktop が両方インストールされた状態において、Parallels Desktop 側にて『新規』メニューから『既存の仮想マシンを追加』を選択し、VMware Fusion で作成した仮想マシンファイルを選択していただくことで、これまで VMware Fusion でご利用の Windows 環境が Parallels Desktop 上に移行されます。 移行作業後、Parallels Desktop 環境にて正常に Windows および必要なデータ等が正しく使用できる事が確認できた時点で、VMware Fusion で作成された仮想マシンを削除していただく流れとなります。

※Parallels Desktop と VMwere Fusion は違うハードウェアと認識するので、VMware Fusion でご使用されていた仮想マシン(Windows OS)の移行後は Windows OS 等のライスセンス認証が必要になってまいります。

この作業を Parallels Desktop の仮想マシン(Windows OS)で実行した場合には、VMware Fusion でご使用されていた仮想マシン(Windows OS)では各ライセンス情報が解除されてしまうので、どちらかでしかご使用ができなくなります(厳密には同時起動も可能だが、同一ライセンスの複数起動・所持はライセンス違反になります)。 

※ライセンスの再認証に関しては Boot Camp から起動する際も同様の作業が必要になります

関連 FAQ: Windows 仮想マシンを起動すると、「Windows のコピーは正規品ではありません」というメッセージが表示されます

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

« act2.com | act2 ストア | Tokyo Mac | act2 サポートポータル | act2 ブログ | act2 サポートブログ »

Powered by Zendesk